前田珈琲とは

創業40年、京都老舗喫茶店 前田珈琲

 1971年創業。本店は京都の中心部・烏丸にあり、朝は近所の常連のお客様、ランチタイムはビジネスマンやOLで賑わっています。コーヒーはこだわりの自家焙煎、フード類も菓子もすべて手作り。種類豊富なモーニングや、ボリューム満点のランチ、多彩なスイーツを揃え、お子様からご年配のお客様にまで幅広くご愛顧頂いています。本店のすぐ近くの元明倫小学校の古い建物内に明倫店、京都東山の風光明媚な高台寺そばに高台寺店があり、それぞれ違った雰囲気をお楽しみ頂けます。2014年には、京都文化博物館別館内、旧日本銀行金庫室内に「文博店」を、前田珈琲の新業態として、御池通りに「MAECO」をオープン致しました。また、オンラインショップでは、前田珈琲初めての方にコーヒーをお試し頂ける送料無料のお試しセットもご用意しておりますので、遠方の方でもお気軽に前田珈琲の味をお楽しみ頂けます。

明倫店画像 高台寺店画像 かさ
ごあいさつ

 前田珈琲は、「コーヒーを通じて全ての人に感動と喜びと幸せを」という理念のもと、約40年間営業してまいりました。私達は、コーヒーとは「茶の湯」に通じるものと考えています。最高に美味しい一杯を、最高に心地よい空間で、最大限のおもてなしの気持ちをこめてお出しする。コーヒー豆の選び方から、焙煎、抽出、使う食器、一緒にお召し上がり頂く料理やお菓子に至るまで、常にベストのものを提供できるよう心がけています。また昔ながらの古い喫茶店の良さを守りつつ、若い世代のお客様に受け入れていただけるよう、温故知新の心を大切に、新たな喫茶文化を創造すべく躍進してまいります。

代表取締役社長 前田剛

社長写真
コーヒーへのこだわりバナー
ショップへのバナー


沿革
1971年(S46年)4月前田隆弘が大宮高辻に「マエダコーヒー店」を設立。広さは10坪程度、席数は約15席。
1973年(S48年)9月2号店開店(西洞院仏光寺)
1975年(S50年)9月3号店開店(四条西洞院)※現在は別経営
1981年(S56年)4月本店開店(蛸薬師烏丸、2号店閉店)
1991年(H03年)4月錦店開店(烏丸錦)1号店閉店
2000年(H12年)4月明倫店開店(京都芸術センター)
2004年(H16年)1月有限会社前田珈琲設立、2代目前田剛が代表に就任
2008年(H20年)10月スペシャルブレンド「龍之助」新パッケージに。
2009年(H21年)7月高台寺店開店
2011年(H23年)3月錦店閉店
2012年(H24年)5月Web事業部開設
2012年(H24年)9月清水・五条坂にケーキ工房開設

当社会社概要はこちら>>