salon de 1904

京都御所西、京都府庁旧本館内

salon de 190401

重要文化財に指定された建物のなかで
ゆったりと寛げる空間づくり

重要文化財にも指定されている、京都府庁旧本館。その一室、風情ある前庭を見渡せる南東角に、salon de 1904はオープンしました。
建物の特徴である白壁と茶色の腰板、赤いカーペットはそのまま活かし、府庁時代に使用されていたテーブルや椅子を配置しています。

salon de 190402

洋風の外観と、和の内部
工芸品の趣すら感じる日本最古の官公庁建物

京都府庁旧本館は、明治37年(1904)に建築された、レンガ造りの洋館です。
外観は洋風ながら、建物内部は随所に和風の優れた技術が取り入れられ、建築物というより工芸品の趣すら感じられます。
昭和46年までは京都府庁の本館として、また現在も情報センターや会議室として使用されており、創建時の姿をとどめる現役官公庁建物としては日本最古のものとなっています。

フード&ドリンクメニュー

営業時間 / 定休日
8:00~17:00 / 土・日曜日、祝日
電話番号
075-414-1444
住所
〒602-8570 京都市上京区下立売通新町西入薮之内町 京都府庁旧本館内
アクセス
地下鉄烏丸線「丸太町駅」より徒歩約10分

MAPはこちら